病院での脱毛

病院での脱毛のメリットとデメリットについてお話していきます。 まず、メリットですが医療機関で行われるため安心感があります。アトピー肌や敏感肌といったお肌の悩みをお持ちの方でも医師と相談しながら行うことも可能です。

また、清潔意識が高いので綺麗な環境で行われています。医師が常駐しているためにサロンの光脱毛よりも強い脱毛機器での使用が許されているので脱毛の回数がサロンに比べて少ないです。

完全に毛をなくそうと思った場合はサロンは12回程度にくらべて病院では6回から8回程度とされています。もちろん個人差があるのですべての方に言えるわけではないです。また、医師が常駐していることにより脱毛時には麻酔を使うことも出来るので痛みなく脱毛できます。

もし、万が一肌にトラブルが起きても、医師や看護師が適切に対処してくれます。また医療用なのでニキビやワキが対策にも効果的とされています。産毛にも積極的に行ってくれます。

デメリットとしては、医師が必要なほどの強い機器なので効果がある分痛みも激しいです。そして、毛が濃い場合は年単位で通うことになります。また、費用も高額なケースが多く広範囲に脱毛しようと思うのならば金銭的に余裕がなければ難しいです。

なぜなら、保険の適用はされないので高額な費用はすべて実費となります。人気があるところだと予約をとるのも難しいとされています。医療契約となるためコースの契約などしてもクーリングオフは出来ない契約となります。


関連ページ 光脱毛でのムダ毛処理のメリットとデメリットとは−札幌脱毛満足ネットワーク