アンダーヘアの処理

海外ではアンダーヘアの処理が日常的に行われていますが、国内では日常的には浸透していないという特徴があります。最近ではデリケートゾーン脱毛を行う人が増えていますが、メリットとデメリットを理解してから施術を受ける必要があります。

アンダーヘアの脱毛にはデメリットがほとんど無いことが特徴となりますが、ムダ毛がなくなることで衛生的になりますし、臭いが気にならなくなるというメリットがあります。毛が少なくなることで蒸れがなくなりますので、女性器周辺が清潔になり臭いを解消することが可能なのです。

デリケートゾーン脱毛にはVラインとIラインの他にもOラインがありますが、Oラインとは肛門周辺のことを言います。肛門周辺では排泄物が毛にまとわりつきやすく不衛生になることがあります。

肛門周辺の脱毛を行うと排泄物が付着しにくくなりますので、衛生的な状態を保つことができるのです。アンダーヘア脱毛のデメリットとしては、施術時の痛みが強いという点があります。

色素沈着の多い部分ですから痛みが強くなりますし、日常的に強い刺激を受ける部分ではないため痛みを感じやすいと言えます。アンダーヘアの中でもVラインの脱毛にはデザイン性が求められてきます。

IラインやOラインには機能性が必要ですが、Vラインは他人の目に触れる部分ですから、デザインを選択する必要があります。脱毛を行えばほとんど毛が生えてこなくなりますので、後で後悔しないためにはじっくりと検討してからデザインを決める必要があります。